日本人が日本人のために開発・設計 コーダーブルーム
FARNA SL-105

圧倒的軽快感と剛性。
日本人レーサーのために最適化されたジオメトリ。
世界最軽量。
今まで感じた事のない一漕ぎめで感じる”進む”感覚。
私自身、「これ欲しい」と思った今まで乗った中でも最高水準のアルミフレーム。
それが「FARNA SL」です。
FARNA SL-105
FARNA SL-105FARNA SL-105
フレームセット重量はアルミフレームとしては世界最軽量の1,550g!
SHIMANO 105(5800)完成車の重量は7.8kgと驚きの軽さです…
パーツもシートポストこそカーボンですが、その他はアルミのそこまで軽くないものですので、パーツセレクト次第ではまだまだ軽くすることが出来ます。

スペックだけでも十分驚きですが、実際に乗ってみるとその乗り味に度肝を抜かれました。
漕ぎ出した瞬間に体感できるその圧倒的加速。
巡行からスプリント、上りまで高次元にこなすことができるその運動性能はまさにレーシングバイクの名にふさわしいと感じました。
特に感じたのはダンシングの軽快さ。
これほどまでに気持ち良くダンシングのできるフレームはなかなかありません。
ロードレースのみならず、コーナーからの立ち上がりが多いクリテリウムでアドバンテージを持てると思います。
かなりの高剛性なので、正直なところ初心者の方やロングライドにはオススメしきれないですが、レースシーンや、ある一定レベル以上の競技者の方にはベストマッチだと思います。
完成車付属のホイール(試乗車はWH-6800)ですらこのように感じるので、DECISIVEのTU(CL)2535や2555などのクリテリウムで抜群の性能を発揮するレース用ホイールをつけることで加速と巡行にさらに磨きがかかると思います。
これ以上加速が良くなるって…もはや機材ドーピングですね笑
ぜひ実際に乗ってその”スゴさ”を体感して欲しいです。

FARNA SL-105 FARNA SL-105 FARNA SL-105 FARNA SL-105

メインバイクとして使うのにも十分な性能ですが、カーボンフレームをここ一番の「本番レース」のために温存しておくためのセカンドバイクとしての使用もアリだと思います。
ハイエンドカーボンフレームの本来の性能を発揮できる「賞味期限」はおおよそ20,000km。
連日のトレーニングや「練習レース」、ローラートレーニングで使用しているとあっという間の距離です。
特に固定ローラー等で使用すると通常走行するよりもフレームに負担がかかります。
アルミなので丈夫ですので、気兼ねなくガンガン使えます!

完成車付属のホイールも105完成車はWH-RS610。アルテグラ完成車はWH-6800。と、いわゆる「鉄下駄」ではなく、ある程度軽量なものが付いてくるので、
練習輪として新たにミドルグレード帯のホイールを買い足す必要はありません。
しかも今話題のチューブレスに対応(完車ではクリンチャー組み)なので、のちのちのチューブレス化もばっちりです!

フレームセット販売もあるので、まずは1台余ったコンポなどを使って組み上げてみてはどうでしょうか?
練習からレースまですべてをこなす最高のパートナーとしてFARNA SLという選択。選んで損はありませんよ。


FARNA SL-105

FARNA SL-105詳細はこちら

FARNA SL²-105

FARNA SL²-105詳細はこちら

ARNA 700-105

FARNA 700-105 詳細はこちら