店長のオススメ!丸ハンドルにしてみませんか?

こんにちは。店長です。

 

様々な形状があるパーツ

ハンドル

みなさんはどんなものを使っていますか?

 

近年販売されている完成車に通常使用されるのは<コンパクト>(画像①)

手の平がハンドルにピッタリとフィットします。

ドロップ(絞り)が浅いので、下ハンを持っても前傾がキツくなり過ぎないので、深い前傾姿勢を取りたくない方初心者の方あまり下ハンを持たない方にオススメです。

もっと前傾を深くしたい方、特にレース志向の方に私がおススメするのが
<シャロー>。通称<丸ハン>です。(画像②)
特に<深絞り>と呼ばれる<ディープシャロー>をオススメします。

手の平とハンドルの間に空間ができて、ハンドルを握った時に力が入りやすいです。
また、ドロップ(絞り)が深いので、ブラケットと下ハンでポジションのメリハリをつけることができます。
スプリントやアタックなど、瞬間的な力の入れやすさを求める方、より深い前傾を求める方にオススメです。

石原選手山本選手をはじめとしたプロジェクト所属の選手たちも、
ポジションにメリハリがつき、力が入りやすいということで、全員シャローハンドルを使用しています!

 

また、<シャロー>はコンパクトに比べてハンドルとレバーの距離が近いという特徴もあります。
このように、レバーまでの距離が近くなるため、下ハンを握っていてもブレーキレバーが握りやすくなります。

手の小さい方にもオススメです!

 

工賃

ハンドル交換3,800円(税込)
+
バーテープ交換2,500円(税込)

6,300

にて承ります!

例:
deda ZERO100 Deep shallow <13,575円(税込)>
+
fi’zi:k Tempo マイクロテックス クラシック(2mm厚) <2,214円(税込)>
での作業では、

工賃・パーツ代込み 22,089円(税込)

にて承ります。

 

お問い合わせはこちらから 当店へのアクセスはこちら

 

ご来店・ご相談お待ちしております。