●組み上げ作業(全てのパーツの持ち込み可)
組み上げ作業料金 15,000円〜
パーツ載せ替え作業 18,000円〜
※中古パーツなどでクリーンナップ等が必要な場合は別途3,000円〜追加費用が発生する場合があります。

持ち込みされたパーツによっては、当店独自の安全基準などにより作業をお断りさせていただくことがあります。
ブレーキ、変速機、ケーブル、チェーンなどSHIMANO社製以外のパーツは当店では非対応製品もありますので事前に確認ください。
SHIMANO社製変速機にビッグプーリーの取り付け作業など改造作業は性能維持や安全面からお断りしております。
●ブレーキインナーケーブル交換・1本 800円(税抜)
ステンレスワイヤー(定価443円)含む
・SIL-TECコーティング 追加 400円(税抜) ・BC-9000ポリマーコーティング 追加 1,000円(税抜)
●シフトインナーケーブル交換・1本 900円(税抜)
ステンレスワイヤー代(定価555円)含む
・オプティスリック 1本追加 400円(税抜)
・ポリマーコーティング 1本追加 1,000円(税抜)
●新品チェーン交換(レーシングオイル含む注油作業)代 500円(税別)
●前後スプロケット・ディレーラー洗浄作業代 500円(税抜)
●ブレーキ・ディレーラー調整 1,000円(税込)
●ブレーキ・ディレーラー調整付きの自転車洗浄・前後スプロケット・ディレーラー洗浄・レーシングオイル注油作業 2,000円(税抜)
(持ち込み可)
<新品チェーン代>
(一例)
105(CN-HG601-11)定価2,638円(税抜)→2,374円(税抜)
ULTEGRA(CN-HG701-11)定価3,372円(税抜)→3,034円(税抜)
DURA-ACE(CN-HG901-11)定価4,723円(税抜)→4,250円(税抜)
●ブレーキシュー1台分交換作業(トーイン作業含む)代(持ち込み可) 800円(税抜)
(持込み可)
<新品ブレーキシュー代>
(一例)
アルミ用ブレーキシュー(R55C4)2ペア 定価954円(税抜)→858円(税抜)
カーボンリム用ブレーキシュー(R55C4)2ペア 定価1,822円(税抜)→1,640円(税抜) 他
●フルオーバーホール(交換消耗品は別途・持込み可)
《作業内容》
・ワイヤー類全交換
・チェーン交換
・ブレーキシュー交換
・BB交換
各パーツは洗浄後グリスアップして組み直し。
場合によってカセットやチェーンリングも交換。
掃除して組み直します。
《作業料金は3タイプ共に要予約》

●10:00受取り19:00お渡し、または24時間仕上げ 27,000円(税別)
●中2日(水曜を除く)で24,000円(税別)
●1週間で22,000円(税別)
(セミオーバーホールなどは別途ご相談ください)
蠣崎藍道(かきざき らんどう)店長・蠣崎藍道

SPORTS KID Bicycle Training & Maintenance Studioでは、
ケーブル類はSHIMANO社製ステンレスケーブルを推奨しております。

なぜ、ステンレスケーブルを推奨するのかと言うと…

コーティングケーブルは、組み付け後初期段階では非常に引きが軽く変速もスムーズなのですが、しばらく使用するとコーティングが剥がれワイヤー表面で毛羽立ってしまいます。
それがアウターケーブルの中に詰まってブレーキの引きの重さ、シフト性能の低下、最悪の場合シフト操作ができなくなってしまうという事が起こります。
私自身これを経験し苦労したことが多々ありました。
そのため、特にコーティングのされていないステンレスケーブルに適切な処理を行い組み付けて使用すると、正直そこまで性能差を感じず、以降ステンレスケーブルを好んで使い続けています。

コーティングケーブルはとても高価なため頻繁に変えるのが惜しいと思ってしまいがち。
結果、本来の性能を発揮させられずにむしろ性能低下させてしまっては本末転倒です。
ステンレスケーブルであれば比較的安価なので、少しでも性能の低下を感じたらバンバン変える。
そうすることで常に良い状態をキープすることができるのです。

コレが私自身がスポーツとして自転車に乗り培ってきたノウハウです。