学生トライアスリートのフィッティングを行ないました!

こんにちは。店長です。

 

先日M大トライアスロン部のWさんのフィッティングを行ないました!

納車時からほとんどポジションを変更していないというWさん。
本格的なフィッティングは初めてとのことでした。

まずはサドル周りから

サドル高が高いことで起きる、下死点通過時から足首をかくような、いわゆる” アンクリング “動作が若干ですが見られたため、サドル高を10mmダウン。
前に蹴りだすようなペダリングを常にしている状態でしたので、サドルを前に出して自然と脚の重さをペダルに乗せられるように変更。

次にハンドル周り

ここは大幅な変更を加えました。
骨盤の曲がり具合や肩の上がり方などから、ハンドル高が高すぎると判断し、一番下のダストカバーを薄い物に変更。ステムを100mm6°から90mm17°に変更。
さらにハンドル角を起こすことで上半身の自由度を確保しました。

ハンドルは高すぎても低すぎてもパフォーマンスを発揮できません。
適切な位置への調整が非常に大切です。

本人も変化に驚いた様子で、「このあと控える合宿がとても楽しみです!」と好印象だったようです。

 

自身でポジショニングすることはとても大切なスキルです。
しかし変更していくうちに結局どうしたらいいのかわからなくなってしまうこともあります。

そんなときこそ、当店のフィッティングレクチャーをぜひご利用ください!

一人ひとりにぴったりの「楽に速く快適に」走るための最適ポジションを見つけます!

サイクルトレーニングの詳細はこちら お問い合わせはこちらから 当店へのアクセスはこちら

ご来店・ご利用お待ちしております。


3/21(木)~3/24(日)は[ツール・ド・とちぎ]に参加する” インタープロサイクリングアカデミー “にメカニックとして帯同するため、店長不在となります。
ご迷惑をおかけいたします。よろしくお願いいたします。

期間中当ブログを通じて皆様に現場の様子をお伝えする予定です!ご期待ください!