GoMore最新トレーニングノウハウを勉強してきました!

こんにちは。店長です。

 

14日から昨日までの4日間、GoMoreを開発する< bOMDIC >のオフィス(台北)にて、GoMoreのより専門的かつ効率的な使用方法等についてのレクチャーを受けてきました!

先週土日のレースからそのままの出発だったため、長らく店長不在としてしまい申し訳ございません。

 

今回のレクチャーは、bOMDICとともにGoMoreの開発を行なう東テネシー州立大学(ETSU)スポーツ科学部准教授の”佐藤 公威“氏の教え子である”Nicholas Fiolo“氏より、
運動生理学的見地からみたトレーニング方法やピーキングの考え方。単なるスタミナセンサーではなく、より高性能なトレーニングコーチングデバイスとして進化をしているGoMoreを効率よく使用したトレーニング方法などなど。
実質2日間という短い時間のなかで、わかりやすく丁寧かつ、非常に深いところまで教えていただきました。

内容を少しだけご紹介しますと….

トレーニングメニューは全ての人が同じことをすれば良いわけではなく一人ひとりに最適化されたものを行なう必要があります。
言ってみれば、薬の処方箋のようなものです。
例えば同じ負荷のトレーニングでも、ある人は1日ほどでスタミナが十分に回復しますが、ある人は2日かかります
また、脚の疲労具合も人によってまちまちです。
一人ひとり違った反応をするので、それぞれに最適なトレーニング(薬)を最適な頻度と量で行なう(投与)ことで、効率的に効果を発揮させることができます。

GoMoreはそれら効果などを確認するためのツールとしてベストです。
継続的に使用することでスタミナ標示精度が増していき、自身の感覚に限りなく近づくことで、効率的なトレーニングだけでなくオーバートレーニングによるパフォーマンス低下も防ぐことができ、ベストコンディションでレースに臨むことが可能です。

 

GoMoreを使った測定も実際に行い、そのデータを元にしたレクチャーもしていただきました。

その他様々な内容、具体的活用法なども教えていただきましたので、ご興味がありましたら、ぜひ店頭まで!

当店へのアクセスはこちら

ご来店お待ちしております。






…..実は今回が初海外でした笑
もしよろしければ海外珍道中なんかも聞きに来てくださいw